台湾

台湾の旅を彩る音楽 「在旅行的路上」

台湾から日本に帰る際に、台湾桃園空港で搭乗ゲートに向かう途中で「在旅行的路上」「祝你旅途平安」など、漢詩のようなものが壁に書かれている場所があって、そこを通った時に「どういう意味かはわからないけど、なんか旅情があるなぁ」って思いながら通っていました。

そして、ちょっとずつ中国語の知識もついてきた時にふと気づいたのですが、その場所で音楽とMVが流されていることに気づき、しかもその歌詞と同じフレーズが壁に書かれていたのです!

日本に帰国後に調べてみると、僕が初めて見た時に漢詩だと思っていたものは、その曲の歌詞だったのです。

また、その曲がどういうものかもわかったので、台湾の旅をより彩ってくれるこの楽曲を今日はご紹介したいと思います。

エバー航空免税店のイメージソングは台湾の魅力満載!

タイトルは「在旅行的路上」。歌詞には台湾の有名な場所や文化がちりばめられ、MVには桃園空港の待合室の映像や自然風景が。ストーリーは「別れ」や「旅のはじまりの期待」など、空港の「出発」にまつわる様々な人の感情を描いたものになっています。

徐佳瑩LaLa 機場之歌(在旅行的路上)

まずは、こちらのMVを見ていただけたらと思います。

アーティスト公式でyoutubeに動画が出ています。サブタイトルが「機場之歌」となっています。

徐佳瑩LaLa – 2013全新單曲 機場之歌《在旅行的路上》

歌詞に散りばめられた台湾の魅力を見つけよう!

この曲には沢山の台湾の文化や、観光地、名物、伝統が散りばめられています。

お祭り・行事・原住民(文化)を赤、自然・花を緑、食べ物を青で表示したのですが、1番はお祭り、行事メインで、2番は自然メインでほぼ歌詞のすべてに何らかの台湾の行事、名所が入っているので、やはり台湾の玄関口である桃園空港らしく、観光PRも意識した台湾の魅力満載な曲になっています。

在旅行的路上
詞:方文山 曲/演唱:徐佳瑩 編曲/製作:韓立康

美麗的福爾摩沙 海風輕輕地颳
風箏抵抗風沙 不願放手的是牽掛
繽紛的客家桐花 如雨 落下
喝杯家鄉的擂茶 我重溫家鄉話

平溪冉冉的天燈 說好了不離分
廟會的宋江陣 熱鬧了久違的我們
鹽水蜂炮不轉彎 一起 勇敢
八家將在震撼 用傳統 的力量

在旅行的路上 有些事我們慢慢講
有個熱情的地方 名字叫 台灣
原住民歌聲嘹亮 迴盪在東海岸
小米酒飄香 豐年祭裡我淺嚐

太平洋是一整遍 蔚藍色的面
蘭嶼的風鹹鹹 有飛魚最深的眷戀
我們從雪山遠眺 蘭陽 平原
噶瑪蘭故事蜿蜒 在蔥綠的稻田

日出我們登玉山 太麻里望曙光
愛河碼頭上 說好了一起看夕陽
手中的珍珠奶茶 甜蜜 喝下
夜市裡的喧嘩 讓我們 想起家

在旅行的路上 有些事我們慢慢講
有個熱情的地方 名字叫 台灣
歌仔戲粉墨登場 演歷史的過往
布袋戲拉回 一段 童年的時光

在旅行的路上 有些事我們慢慢講
有個熱情的地方 名字叫 台灣
我們將腳步放慢 聊著天在路上
你行李裝滿 遠赴他鄉的夢想

在旅行的路上 有些事我們慢慢講
有個熱情的地方 名字叫 台灣
我用思念在醞釀 牢記你的模樣
揮揮手再見 祝你 旅途平安

この曲を聴きながら台湾を歩けば旅情に浸れる

さて、オススメの聞き方なのですが、僕がこの曲の中で好きなシーンがあります。

手中的珍珠奶茶 甜蜜 喝下
夜市裡的喧嘩 讓我們 想起家

歌詞の内容は

「甘い手作りのタピオカミルクティーを飲みながら、
夜市の喧騒の中を歩くと、実家の事を思い出すんだ。」

ってところでしょうか?(まだまだ中国語未熟で翻訳自信ないですが…)

この時の映像も好きで、僕はこの曲を聴きながら高雄の六合夜市を歩いたのですが、本当に自分がPVの登場人物になったかのようで、また耳から、目から台湾夜市を感じて、なんとも言えない幸福感に包まれたんですよね。

台湾に行って何度もCDを探したのですが手に入らないので、いつもyoutubeの公式音源を聞きながら夜市で自分の世界に浸っております(笑)