関西地方

大阪なんばの「りくろーおじさん」本店で並ぶことなくチーズケーキを買う方法

大阪旅行の醍醐味の一つに「食べ歩き」があると思います。

ただ、どこのお店にいってもいいってわけではなくて、特に観光地界隈には地元の人は絶対行かない「高くてまずい店」も混じっているので、どうせ食べるのなら、大阪人も日常的に食べているものを買われることをおススメします。

その代表格はやはり「551蓬莱の豚まん」だと思います。

関西デパ地下に多く出店していますが、夕飯時には晩御飯にお土産にと買い求める人で行列ができています。夏場はアイスキャンデーも人気があります。

その他にもいろいろあるんですが、今日ご紹介する「りくろーおじさんのチーズケーキ」も大阪人に馴染みのある食べ物です。

近年は外国人観光客にも知れ渡り、ここ数年は平日でも30人近い行列があり、土日なんて警備員が出るほどの人混みで、なんば本店に関して言えば気軽に寄れる店ではなくなってしまいました。

ただ、コロナ禍で特に大阪ミナミの人出は激減し「りくろー」の行列も消えました。この10年ほど、前を通ることはあっても混雑がひどくてて寄る事はなかったのですが、先日久々に買って食べて、懐かしい味にちょっと感動しました(笑)。

僕が良く買ってた時は税込500円だったんですが、今は735円となっております。

最近(2020年10月)だと、人も少し戻ってきて平日でも10人前後の並び待ちが出るようになってますが、それでも去年までに比べたら格段に買いやすくなっています。

焼き立てのチーズケーキ

この動画にあるように、りくろーおじさんでは1日中ケーキが焼かれており、焼きあがると鐘がなって、焼き立てのケーキの上に焼き印を押していきます。

動画でもわかると思うのですが、焼き立てのチーズケーキはぷるぷるで、焼き印を押すたびにケーキがぷるるんと揺れているのがお分かりだと思います。

そして、公式ホームページにも書かれているのですが、1回に12個しか焼けないので、どうしても焼き立てを買おうとすると行列に並ぶ必要がでてきます。

りくろーおじさんの店の前にいつも行列があるのはそのためです。

ですが、実は僕は焼き立ての味が好きではありません。

「焼き立てのおいしさを味わってほしい」とホームページでも書いていますが、僕のように、人によっては冷蔵庫で冷やして味が落ち着いた方が好きって人もいると思います。

個人的には冷やして、1日置いてから食べた方が、味がより濃厚に感じられるので美味しいと思っています。

なので「焼き立てのアツアツ」だと、僕のような食べ方をする人間にとっては、常温に冷めるまで待たなきゃいけないし(冷蔵庫に入れれないので)、行列には並ばなあかんし…となかなか難儀なわけです。

ですが、僕は基本的になんば本店でりくろーおじさんを買う時に並んだことはありません。待ったとしても2,3人ほどで、さっと行って、さっと買うことができています。

なぜそんなことができるのか?

この買い方を案外知らない方も多いと思うので、ご紹介しましょう。

「数時間前に焼けたチーズケーキ」ならほぼ待たずに買える

上でお話したように、「焼き立て」を買うために行列に並ぶ必要があるのですが、逆に言うと、「焼き立て」じゃないものは並ばなくても買えるんです!

店頭に行列があると、無意識に並んでしまうと思うのですが、戎橋筋に面している売り場の左側の小さな通路の上に、このような案内が出ています。写真内で〇で囲んであるところです。

拡大するとこんな感じ

ここを進んでいくと、奥にレジがあって、焼き立てではないチーズケーキを買うことができます。ちなみにこの写真を撮った19時過ぎには既にカフェが閉店しているので、店の奥まで行かずに、手前のレジで注文します。

店頭で数十人の行列がある時でも、ほぼ待ち時間・行列なしで買うことが可能です。

焼き立てではないとはいえ、まだまだ温かいことは多く、どのみち買ってから寄り道とかをすれば焼き立てとはいえ冷めるものですから、本当に焼き立てアツアツが欲しい人以外は、数十分の待ち時間を回避できるので冷めたのを買うのを僕はおススメします

チーズケーキは欲しいけど、並ぶの嫌いだし時間を有効活用したい!って方は是非参考にしてみてくださいね。