香港

香取慎吾、たなかみさき… 日本人が描く香港ストリートアートが熱い!

「インスタ映え」っていう言葉が浸透しだしてから、香港島の上環や中環地域の「オールド・タウン・セントラル」と呼ばれる地域にあるウォールアートがフォトジェニックなスポットとして日本人観光客にも注目されはじめました。

昨年の冬に僕が香港に行った時には、「PMQ元創方」の地上階(日本では1階)の柱に書かれた「たなかみさき」さんと香港の「リトルサンダー」さんがコラボしたウォールアートを見に行きました。

香港島には沢山のウォールアートがあり、そこに日本人の作品も現れ始めているのですが、日本人が描いた新たなウォールアートが香港島に誕生したようです。

香港政府観光局のフェイスブックページで知ったのですが、香取慎吾さんがミッドレベルエレベーターの側面にストリートアートを描いたというニュースが入りました!!

香取慎吾さん初のストリートアート作品が中環に完成しました!

香取さんが昨年、番組の撮影で香港を訪れたのをきっかけに、香港政府観光局が制作を依頼し、実現しました。

Hollywood Roadと Shalley Streetの交差する付近、ミッドレベルエスカレータ脇の壁です!

場所はこちらになります。

この写真の右側に見える、エスカレータのある側壁に香取慎吾さんがストリートアートを描いたとのことです。おそらく、これから話題の観光スポットになっていくと思いますが、この他にも香港島は沢山のストリートアートがあります!!

そのうち、おそらくウォールアートの中で一番有名なものと、日本人と香港人のアーティストがコラボした作品の2つを昨年末に見てきたのでご紹介したいと思います。

九龍城砦のグラフィティ

香港のインスタといえばここ!っていうくらい有名な場所で、上の写真では人はいませんが、僕が行った時は平日の昼間にも関わらず、写真待ちの人で溢れかえってました。

こんな感じで、常に人が行きかっている状態なので、がっつり写真を撮りたい方は人が少なそうな時間帯を選ぶ事をオススメします。

あと、忘れてはいけないのはここは車道なので、写真に夢中になって歩道から車道に出てしまう人も多く、クラクションがよく鳴らされる場所でもありました。ここは観光地化されていますが、あくまでも公共の場所なので、そこを忘れずに、車にも気を付けて写真を楽しんでいただければと思います。

PMQ元創方のウォールアート

こちらは昨年「ハピネス香港」というプロジェクトで、日本と香港のそれぞれの思いが届き交わりますように!!っていう思いも込めて書かれたウォールアートで、日本人のたなかみさきさんが香港の女学生を、香港のリトルサンダーさんが日本の女子高生を描き、日本の女の子が香港に向かって思いを伝え、それを香港の女の子が一生懸命聴き取ろうとする様子が描かれています。

そして、現地でわかったのですが、この2つの絵は結構離れていて、地上階でイベントをしていることも多く、なかなか1枚の写真に2つの作品を一緒に収めるのは難しいかも知れません。

これは建物の2階から撮った写真なのですが、お互いが結構離れています。

逆に、そのおかげで2人の女の子が距離を超えてコミュニケーションしようとしている感が増しているので良いかも知れません(笑)。ここでは、描かれている女の子と同じポーズをとって写真を撮っていた人が多かったです!

TABINEXT
おススメ旅行準備サイト