はじめての海外(台湾)一人旅

【1】チェックイン(日本)編 海外一人旅フローチャート

さぁ、はじめての海外一人旅へ!

まず初めにすることは、日本から飛行機にのって、日本じゃない国に行く事です(笑)。

当たり前といえば、当たり前なのですが、「旅」というものは単純に言ってしまえばある地点からある地点への移動なだけです。

その際に飛行機に乗って国境を超えるので、それでちょっとややこしい法律なりルールなりがあるだけで、その際の手続きさえわかっていれば、台湾や香港に関して言えば休みの日にちょっと遠い隣町に遊びに行く感覚なんですよね。

とはいえ、初めての時は僕は緊張しまくりでした(笑)。でも、あらかじめどういう手続きがあるかわかっていれば不安も随分解消されますんで、ここでしっかり知っていただければと思います。

空港には「飛行機が出発する2時間前」には必ず到着!

初めて海外一人旅に行く際には、国内線とは違うルールのチェックインや出国手続きに戸惑う事もあると思います。余裕をもって2時間前は到着したいものです。

日本のカウンターでする手続きを、帰国時に備えて覚えておく

台湾からの帰国時には空港でのチェックイン手続きはすべて英語(または中国語)でのやりとりになります。

意外に思われるかもしれませんが、台湾の空港カウンターで日本語が話せる人はまずいないと思っておいた方がよいです。LCCだとなおさらです。

義務教育の英語レベルで十分対応できますが、英語に苦手意識のある方も多いでしょう。

コトバの壁をどう超えるか?その心構えはまたの機会にお話しするとして、出国時のチェックイン手続きは日本人の職員が対応しますから、何か質問されてもすべて理解できると思います。

その際に意識しておいてほしい事は、台湾でチェックインする際にも聞かれる事や伝えなきゃいけない事は、日本で今まさにやっているチェックインと基本的には同じだということです。

ですので、チェックイン時に何をするか必要があるかを日本の空港で覚えておけば、台湾でチェックインする際にも、仮に英語で聞かれてわからなかったとしても、流れ的に何をしなきゃいけないかがわかります。

ですので、日本でのチェックインを、帰国時のチェックインの予行演習として意識しておくと、帰りのチェックインに臨む際の不安も随分軽減されると思います。

これは、セキュリティーチェックや、出国審査の時にも同じことが言えます。

長い時はチェックイン待ちで40分~50分かかる事もある

これは利用する航空会社によって、また出発する時間帯によって大きく変わるのですが、普段関西空港を利用する僕が、これまでに経験して一番長かったのが香港エクスプレスのチェックイン待ち45分で、一番短かったのがピーチで、受託手荷物がなかったのもありますが、自動チェックイン→セキュリティー→出国手続きまですべて込みで5分で終わったこともあります。

僕は台湾と香港路線しか利用したことがありませんが、日本人の出国=台湾人・香港人の帰国なので、今は減った感じもしますが、爆買いの旅行客が多数いた場合、その荷物の手続きで待ち時間が増えるので、そういうケースに備えて、空港についたら真っ先にチェックインカウンターへ向かい、チェックインを早めに済ませましょう。

また、受託手荷物がない場合、航空会社によっては出発48時間前くらいからオンラインでのチェックインを受け付けている航空会社もあります。

バックパックだけで機外に預ける荷物がない場合、オンラインチェックイン完了時に表示されるQRコードをスマホの画面に表示するか、または印刷して持って行けば、空港カウンターでのチェックインなしに出国検査場へ直行することができます。これは、大幅な時間短縮になりますので、利用できるときはぜひ利用しましょう。

僕の感覚ではLCCでカウンターチェックインの待ち時間の平均は25分、フルキャリアだと10分くらいです。

LCCは出発2時間前からしかチェックインを受け付けないところが多いのでどうしても混雑しがちですが、エバー航空や中華航空などのフルキャリアだといつ行ってもチェックインを受け付けてくれるので、チェックインに関しては断然楽です。


機内持ち込みの重量は必ずチェックしておく

そしてこれは、家を出る時点でやっておくべき事なのですが、自分の荷物の重さをはかっておきましょう。

目安としてはLCCなら7kgまで、フルキャリアなら10kgまで持ち込みが可能です。

機内持ち込み荷物として「バックパックやキャリーバッグなどメインのカバン1個」「お土産のような、飛行機の座席の下におけるような小ささの手荷物1個」合計2個を機内に荷物を持ちこめるのが基本です。

重量が規定よりも超過していると空港で追加料金を払うことになりますので、荷物の重さ管理には気を付けましょう!

一般的にはお土産が増える帰国時の方が問題になるとは思いますが、僕の経験上、重量制限7kgというのは絶妙なラインで、少し余分目に荷物を持って行こうとなると、8kg~9kg付近になる事が多く、ホント狙ったような設定なんですね(笑)。

あと、荷物の重量制限の変更は割と頻繁に行われるので、最新情報は必ずご自身で航空会社のホームページから出発前に調べてください。

台湾行きの主要航空会社の機内持ち込み手荷物規定のリンク集

日本ー台湾を就航している主要航空会社の、機内持ち込み手荷物規定に関するページを集めました。

僕が台湾によく行っていた2016年は10㎏が主流でしたが、2019年の現在は7kgが主流になっています。制限が厳しくなっているので、預け荷物のない方は十分にご注意ください。

TABINEXT
おススメ旅行準備サイト