日本旅行(関西)

西成の「名前のないたこ焼き屋」で安くておいしいたこ焼きと人情に包まれ大満足!

昔は大阪人でも近寄らなかったいわゆる「西成」と呼ばれるエリア。

しかし、今は多くのyoutuberの紹介もあったり、星野リゾートOMO7ができたりと以前とは異なり治安もずいぶん良くなり、多くの大阪外からの観光客の方も訪れるようになりました。

いい意味でも悪い意味でも時代錯誤しているこの街には、令和の日本で失われた「人の温かさ」も残っていて、行き方さえ間違わなきゃ本当に素敵な場所だと感じました。

さて、そんな西成で気になっていた「たこ焼き屋さん」に先日行って来たのですが、安いのにおいしいし、お店の人たちはあったかくもてなしてくれるし大満足だったので、皆さんにもご紹介したいと思います。

西成「名前のないたこ焼き屋」への行き方・アクセス

やっぱりまだまだ西成と言えば、覚せい剤やヤクザのイメージは払拭できませんが、このたこ焼き屋さんは地下鉄の出口から徒歩0分という場所にあるので、どなたでも安心していく事ができます!

ちなみにお店の名前・屋号はなくて、あえて言うなら「たこ焼き屋」が店の名前でしょうか?

最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・堺筋線の「動物園前駅」9番出口出てすぐです。

西成「名前のないたこ焼き屋」のたこ焼き

さて、このたこ焼き屋さんなんですが、たこ焼きだけではなく、おでんやお漬物、おにぎり、焼きそば、だし巻き卵やお惣菜などもいろいろ売ってはるんですが、今回はたこ焼きだけを食べてきました。(次行った時にはおでんも食べてみたいと思います!)

今回は写真を撮らなかったんですが、このカウンターの上におにぎりとかお漬物とかいろいろ並んでます。

僕は8個250円のたこ焼きを注文しました。

動画でも見てた可愛らしいおばあちゃんがたこ焼きを焼いてはって、お店の前にはご家族かお友達が何人かおられて注文補助とかされてました。

ちなみに僕が行ったんは土曜日の朝10時やったんですが、みんな飲んではりましたね(笑)近くにあるホルモン焼の「マルフク」も満席でした!

そして、出てきたのがこちら!

僕が今回いただいたのは焼き立てではなくて作り置きのやつやったんですが、受け取った後よくよくみたら10個入ってたんですよね…。

これはきっとyoutuberさんたちが行った時もおまけしてもろてたから、この2個はそうなんやろうって自分で解釈したんですが、今思えば「おばちゃん2個多いよ!」って自己申告すべきでしたね。ちょっと反省です…。

たこ焼きの大きさ的には「くくる」とか「わなか」とかと同じくらいの大ぶりのたこ焼きで、駄菓子屋にありがちな小さいやつとはちゃうんです。

ほんで味なんですが、多少さめてても中がとろっとしてて、出汁もしっかりきいてて、正直8個250円とは思えへんクオリティで、そらひっきりなしにお客さん来るわ!って納得してしまいました。安かろう悪かろうやないんです。

ほんで嬉しかったんが、ほとんどのお客さんが店前で食べる時にお酒持参してるんですが、僕は手ぶらでいったので、お店の人が気をきかせてくれてこの氷の入ったお茶を僕にくれたんです!

この日は9月とは思えんくらい暑い日やったんでそれもあったんでしょうか…。でもホンマ嬉しかったですね。こういうとこが大阪のええとこですよね。

ただ、その時に「ボク、これ飲み!」って言って渡してくれたこと(笑)

僕、今日で44歳になるんですが(汗)…。

確かに80越えくらいのおばちゃんからしたら「僕」かも知れませんが、何十年ぶりくらいに「僕」って呼ばれたし(苦笑)、お店の人らの温かさにも触れてほんまホッコリしましたね。めちゃ嬉しかったです!

僕は夜型なんで基本ファストフード店に行く事が多いし、最近はモバイルオーダーとかもありますから、店の人とのやりとりとかもほぼすることなく飲食するんが多いんですが、こうやって店先でおっちゃんおばちゃんの心配りに触れながらほおばるたこ焼きはホンマに僕の気持ちもあったかくしてくれて、また日中に天王寺・あべの界隈に行った時には絶対寄りたいなって思えるお店でした!