旅に役立つ

格安航空券 お得な台湾・香港行きチケットの探し方

海外旅行に行くとなると、まずはじめにしなきゃいけないのが「航空券の手配」なんですが、これは僕だけではないと思うのですが、どうせなら安く行きたいですよね?

とはいえ、安い運賃の航空券って、台湾や香港に夜中の1時に到着する便だったり、日本を7時くらいに出発する便で最寄り駅の始発に乗っても間に合わない…などの不便な便であることも多いので、安い運賃が見つかってもなかなか手放しでは喜べません。

僕はLCCのセールを利用して飛行機の予約をすることが多いですが、セールを逃したとしてもできるだけ飛行機代を抑えるために、僕が実践していることをご紹介したいと思います。

航空券一括比較サイトを利用して値段の相場を知る

まず第一にやることは、どんなサイトでもいいのですが、僕は「スカイスキャナー」というサイトを使って、自分が旅行しようと考えている日のすべての航空会社の便の運賃を知るところからはじめます。

例えば、7月7日(日)出発、7月10日(木)帰国の大阪ー台北便を調べてみましょう。画面に条件を入力してから、検索ボタンを押します。

検索結果一覧が出てきます。所要時間優先の「最短プラン」、価格重視の「最安プラン」、時間と価格のバランスを考慮した「最適プラン」の3つの価格が提示されます。

この結果を見て、僕なら相場を「32,000円」として航空券を探します。

以下の3件は「最適プラン」で並べ替えた時の上位3件です。

冒頭でも書いたように、台北に到着するのが深夜1時であったり、関空を出発するのが午前2時半であったりと、多くの人にとっては使い勝手の悪い便ですが、その分価格は安いです。

検索結果一覧の「詳細」ボタンを押すと、以下の画面に遷移します。上の結果にはありませんが、関空午前出発、台北午後発の組み合わせを選んでみました。

すると選んだ便を取り扱っている航空会社、旅行会社の一覧が出てくるのですが、その前に「予約の前に読む」っていう注意書きを見てみましょう。

大事な内容としては価格には税金とサービス料は含まれているけど、チケットの最終料金は予約サイトで必ず確認して下さいとあります。

旅行会社や航空会社のサイトに移動して最終的にいくらになるかを確認

「次へ」を押すと予約サイトに移るので、ここではエクスペディアを選んでみます。スカイスキャナーでの価格表示は「34,490円」となっています。

以下のような画面が表示されるので、予約サイトに遷移するまで待ちます。

そして、エクスペディアのサイトに移動しました。価格が33,410円とスカイスキャナーで表示されているのと異なります。

安くなるのはレアケースだと思うのですが、表示された価格の内訳を知るためにも、航空会社・旅行会社へのサイトでの価格確認はした方がよいと思います。

また、ここから先は旅行会社である「エクスペディア」での申し込みになるので、航空券のキャンセル時などの手数料は航空会社に直接申し込んだ時とは異なります

航空券価格サイトで調べたからといって、航空会社から直接チケットを買うわけではないので、その点は気を付けてください。

ちなみに僕の場合は、価格を一通り調べた上で航空会社の公式サイトから直接買うので、よほど安いセール価格が出ない限り、旅行会社経由で航空券を買うことはまずありません。ですが、価格は旅行会社も含めて全てチェックします。

以下にスカイスキャナーのリンクを用意しておくので、興味のある方は一度調べてみて下さい。

スカイスキャナーを使って台湾・香港行きの航空券の相場を調べる

セール情報を得るために、航空会社のSNSアカウントをフォローする

やはりできるだけ安く海外に行きたいのであれば、航空会社がセール運賃を出している時に切符を買うに限ります。

とはいえ、他社のセール運賃や旅行会社のセール価格を見落とすこともあると思うので、スカイスキャナーを使った相場チェックはやったほうが良いでしょう。

セール情報を見落とさないために僕がやっているのは「航空会社SNSアカウントをフォローする」ことです。

以前は複数の航空会社のメルマガ登録をしていたの僕なのですが、やはり広告系のメールっていうのはいちいち開くのも面倒なので、ツイッターやインスタなど自分がよく使うSNSのタイムラインに情報が流れてきてくれた方が見落としもないので良いと思います。

各航空会社のトップページの上部か下部にSNSフォローボタンが設置されているので、ご自身がセール情報を知りたい航空会社の公式サイトに行き、そこからよく使用するSNSの公式アカウントをフォローするといいと思います。