旅に役立つ

安く泊まりたい人必見!台湾で1泊1200円で泊まる方法

旅するネコ「にゃらん」のCMがかわいらしい、宿泊予約サイトのじゃらん

日本国内の旅のみを扱っているイメージが強いのですが、実は海外の宿も取り扱っています。しかも値引き率の大きいクーポンを数量や期間限定ではありますが発行しているんです!

それを上手に使えば台北中心部のゲストハウスに1200円で泊まれてしまうので、今日はその方法をご紹介しようと思います。

狙い目は「1000円以上で500円引き」クーポン!!

宿泊サイトのクーポンの多くは「1万円以上」などで、宿泊費の総計がそこまで行かない一人旅にはあまり恩恵のないものなのですが、じゃらん海外予約のクーポンは下限が1000円からなので、お金を節約したい一人旅の人間にとって、とても魅力的なものになっています!

まずは割引クーポンをゲットしよう

僕は年に4、5回じゃらん海外のサイトを見ますが、毎回このクーポンを見つけることができるので、毎月割引クーポンを出していると思います。

こちらから割引クーポンがゲットできます。ただし、クーポンがゲットできても、既定の予約数に達した場合は利用できないとのことなので、そこはあらかじめ了承しておく必要があります。


台北中心部(雙連)のゲストハウスを例に

台北駅の次の駅「中山」、またはその次の駅「雙連(双連)」駅が最寄りの寧夏夜市

僕は台北に行った時には毎回この夜市に行くのですが、そんなに規模は大きくないものの、食べ物の屋台が充実しており、台北中心部で夜市の雰囲気を楽しみたい、いろんなものを食べてみたい人にはオススメしたい夜市です。

そこに歩いて3分で行けるところにユースホステルがあって、過去に5回ほど利用しました。

基本的には設備もきれいなのですが、難点を言うと部屋の主電源を利用するのにカードキーをささなきゃ行けなくて、同室の誰かがチェックアウト時にカードキーを抜いたら冷房が切れてしまう(苦笑)ということです。

じゃらんの価格表示はサービス税がかかる前なので、最終的にはこの金額よりは高くなりますが、相部屋でもいいのなら、台湾最大の都市台北の中心部ですら、1ドル114円の円安のご時勢でも、2000円あれば一泊できてしまうのです。


クーポンが適用されて1200円に!

こちらが、支払情報画面なのですが、宿検索画面で表示されていた金額に、サービス税が加算され、そしてそこから500円引きクーポンが適用されて税金・サービス料込みで、支払金額がちゃんと1200円になっています!

僕はこれまでに「1000円以上」という条件で使えるクーポンをじゃらん以外で見たことがありませんので、これは貧乏旅をする僕にとっては本当に貴重なクーポンです。

今回は500円引きクーポンの利用例をご紹介しましたが、利用総額が上がればさらに割引料金の大きいクーポンも使えるので、旅行プランや人数に応じて有効にクーポンをご利用していただければと思います!