台湾

台北中心部永康街(東門)で気軽に足裏マッサージ!足天地体験記

2019年秋の台湾滞在では2か所のマッサージを体験してきました。1つが全身リンパマッサージで、もう1つが今回ご紹介する「足裏マッサージ」です。

全身リンパマッサージの体験記はこちら

台湾マッサージ体験記 台北 再春健康生活館(中山・松江南京)2019年の冬で初台湾から約5年、台湾旅行メインのブログを運営して約2年になりますが、台湾旅行の定番「マッサージ」に関する記事が当ブログ...

僕はイマイチ理由がよくわかっていないのですが、日本人にとって「台湾=足裏(足つぼ)マッサージ」のイメージが定着していますよね?そして、台北市内の日本人観光客が多いところには、これまたマッサージ店が多い印象があります。

僕が今回行ったのは、台北メトロ東門駅下車すぐの「永康街(えいこうがい・ヨンカンジエ)」にあるマッサージ店です。このエリアも本当に日本人観光客が多く訪れる場所です。

今回行ったお店は、僕がマッサージを受けている40分間の間に、平日の昼間にも関わらず日本人のお客さんが5人来て、うち2人はリピーターだったので、人気・技術ともにあるお店だと思います。

kkdayのマッサージ申し込みページを見ていると「行き方に迷った」という感想を多く見かけたので、今回はお店への行き方も詳しく説明しつつ、僕が受けたマッサージの体験記を書こうと思います。

台北メトロ東門駅から「足天地-足體養身館Spa 」への行き方

まず台北MRT淡水信義線(赤色)/中和新蘆線(オレンジ色)東門駅で下車して、5番出口へ向かいます。

地上に出てすぐの道を右折します。ちなみに、少し遠くに台北101が見えています。

下の写真はマンゴーかき氷で有名な「スムージー(思慕昔)」の本店ですが、実はここがマッサージ店(足天地)の場所になります。

いつでも行列ができているマンゴーかき氷のお店ですが、行列が長い時には行列でマッサージ店の入り口が隠れてしまうので、それで入り口を見落とす方が多いのかな?と思いました。事実、僕も一回お店の前を通り過ぎてしまいました(苦笑)。

ここの階段から地下1階に下りればOKです。


台湾式足裏マッサージ体験記

マッサージの申し込み方法と受付

マッサージはkkdayのサイトから日本語で申し込み・クレジットカードでの事前決済が可能です。

【日本語対応】台北永康街にある人気マッサージ店:足天地-足體養身館Spaの詳細・お申し込みはこちらから

日付を指定して申し込みしますが、時間の指定はありません

ですので、夜の時間帯や休日・祝日などの混雑時には待ち時間が発生する可能性があります。

申し込み完了後に、確認メールと共にPDFファイルのバウチャーが送られてきますので、そこに記載されているQRコードを当日、受付で見せればOKです。

僕が行った時の受付の方は日本語がわからないようでしたが、QRコードを見せるのみで特に言葉を交わす必要もありませんので、言葉に不安がある方でも大丈夫です。

店内の様子

僕がマッサージを受けた椅子はこちらです。

ゆったり落ち着いた雰囲気かと思いきや…

実は入り口すぐのところで、しかも受付の真ん前なので、来店した人全てがマッサージ中に目の前を通るのでちょっと落ち着きません(苦笑)

でも、入り口すぐには4つしか椅子がなく、混んできたら奥にある室内の大部屋に通されますので、若干混んでいる時に行ったほうが、お店の奥でゆっくりマッサージを受けることができます。

足裏マッサージは力強く心地よい

僕は足裏マッサージを受けるのは今回が初めてだったのですが、よくテレビで見る台湾のマッサージだと、ツボを押されて悶絶しているシーンしか見ない(笑)印象だったのですが、実際はそんなことなくて、力強く刺激するも、痛さはなくて心地よい感じでした。

マッサージを受けるにあたり、ズボンを膝上くらいまでまくり上げる必要があるので、短パンや柔らかい生地のズボンの方だと問題ありませんが、僕はジーパンをはいていて裾をまくり上げることができなかったので、お店が用意したハーフパンツに穿き替えました。

その後、まずはじめに足湯を行い(3分ほど)、その間に首回りや肩のマッサージをしてくれます。そして、クリームみたいなのを足に塗ってからマッサージが始まります。

マッサージは指の関節を使って力強く刺激していく感じで、日本のマッサージとは異なり、台湾のマッサージ師さんはかなり体力を使うんじゃないかなって見ていて感じました。

ただ、全身マッサージの時もそうだったのですが、こちらでもふくらはぎのマッサージ時はかなり痛かったです。マッサージ時の注意にもありますが、終了後数か所小さなアザができていました。

ただ、これもやはり数時間後には足が軽くなるので、やっぱり施術上不可避な痛みなのかなと僕は感じています。(詳しくはわからないのですが…。)足裏も含めて、非常に足が軽くなったので、足裏マッサージには満足しています。

「角質除去」は慌しくて個人的にはおススメしませんが、多忙で時間がない人にはおススメ。

今回は角質除去もセットにしたのですが、上の写真の「D」と「E」のプランを比較してみて下さい。

角質除去のあるなしで価格が600台湾ドル(約2,400円)違いますが、施術時間は同じですよね?

なぜ同じかというと、足裏マッサージ中に空いている方の足を同時に角質除去するんです。

僕の体感としては、角質除去の時間は両足合わせて3分~4分くらいだったと思います。そのくらい、ささっと終わりました。

ナイフのような道具で角質を削り取り、それなりにきれいにはなったのですが、なんせ右足はマッサージで、左足は持ち上げられて角質を削られるので慌しさこの上なしです。

角質除去をするのであれば、例えば他のマッサージ店では、料金500台湾ドルで、約20分近くかけて、足全体にもやすりをかけて仕上げるとのことなので、それを考えるとここのお角質除去は値段は高いし、時間もかけないし、個人的には満足度は非常に低かったです。足裏マッサージが気持ちよかっただけに残念です。

日々すごく忙しくて、角質除去に時間をかけるのも惜しいような多忙な方にはおススメですが、僕のようにゆったりマッサージを楽しみたい方には絶対におススメしません。

【日本語対応】台北永康街にある人気マッサージ店:足天地-足體養身館Spaの詳細・お申し込みはこちらから

TABINEXT
おススメ旅行準備サイト